ネットプリントの注意点(セブンイレブン編)

目安時間:約 6分

本日、セブンイレブンでネットプリントを使ってきました。

 

何に使ったかというと、セブンスマーケティングクラブというメルマガ塾のマニュアルを印刷するため。

家にプリンターがないので、ここはネットプリントとやらを使ってみよう!と思い。

片面に2ページ、両面印刷で約5000円かかりました。

(step1~5のpdfマニュアル全部 ページ数:約500)

結構するな!?

 

家のパソコンで用意したpdfファイルなどを、コンビニで印刷できるサービスです。

 

コンビニによってファイルを登録するサイトが異なっています。

 

セブンイレブンの場合は、こちらのサイト

netprint

 

サンクス、セイコーマート、セーブオン、ファミリーマート、ローソンの場合はこちらのサイト

ネットワークプリントサービス

 

今回、セブンイレブンでネットプリントをしてみてわかった注意点を紹介します。

 

小銭が足りなくなる

地味に困るのが、小銭が足りなくなること。

千円札は使えません。

印刷する枚数が少ないならまだしも、100枚とかだとあっというまに小銭が無くなります。

 

今回、千円札が使えないのかなぁと思い、「ネットプリントに千円札は使えませんか?」と聞いてみたんです。

 

すると

「両替できますよ~」

と言われたので、お言葉に甘えて両替してもらうことに。

 

大変申し訳ないことに、財布にあるのが五千円札のみだったので、

500円玉×10枚に両替していただきました。

セブンイレブンの店員さん、ありがとうございます!

 

ただ、コンビニで両替できるかというと、

基本的に「両替のみ」は受け付けていないと思われます。

 

両替してもらいたい場合は、

ネットプリントに使いたい(両替だけじゃないですよ)

ということを言ったうえでお願いしてみましょう。

 

デフォルトの設定はカラーコピー

ネットプリント機にて、デフォルトの設定は

色:カラー

両面か片面か:片面

2ページを1ページにするか:しない

 

という設定になっています。

そのため、白黒印刷のつもりで予約番号を押した後、そのままポーン!とスタートボタンを押すと、

べらぼうに高い値段で印刷されます。

 

A4カラー印刷は一枚60円、白黒印刷は一枚20円。

枚数が多いと地味にひびきます。

 

1枚に2ページ分印刷する設定にすると、料金を半分に抑えることもできます。

 

しっかり設定を確認してから、スタートしましょう。

長編とじか、短編とじか

1枚に2ページ分印刷とすると、こんな感じのレイアウトになります。

1枚に2ページ分印刷の図

1枚に2ページ印刷するときは、

横にめくるなら短編とじ、縦にめくるなら長編とじに。

 

1枚に1ページの場合は逆に、

横にめくるなら長編とじ、縦にめくるなら短編とじに。

 

選ぶときに説明の図も出るので、見ながら選択しましょう。

【番外編】横向きのバインダーは極端に種類が少ない

私は横にめくりたいので、A4サイズ、横向きの穴あけバインダーを買おうとしたのですが…

全然見当たりません。

 

まず100円ショップのダ〇ソーに行ったんです。

そもそも横向きバインダーが売っていない。

 

次にド〇キホーテに行ったんです。

やっぱり横向きバインダーが売っていない。

 

さいご、L〇FTに行ったら、1種類だけありました。

これです。(単品だと50円)

 

 

横とじ派はこの世に存在しないのかってレベルで無いです。
縦とじのバインダーはいっぱいあるのに。

ネット通販でもあるにはあるんですが、合わせ買い対象商品だったり、
やっぱり種類が…。

と思ったらよさそうなのを見つけました。

 

安く買う場合は、どこかのお店で上のやつを買いましょう。50円です。

通販で買っちゃうなら、下のやつが良さそうです。

 

でも便利だよネットプリント!

プリンターを買うのはちょっと…。

かといって会社のプリンターを使うわけにもいかず。

 

そんなときに便利です。

使ってみて思った注意点でした!

この記事に関連する記事一覧

トラックバックURL: 
プロフィール

31歳、頭皮カッパ男子のバチと申します。

アドセンス外注化を2018年4月から実践中。

アドセンス実践しつつ、2018年7月からメルマガ塾に参加予定!

マイブームはすみっこぐらし。

 

イノシシのようにがんばります!

自己紹介はこちら

 

 

カテゴリー