コピペ記事の納品が発生!サンプル確認はキッチリやろう!

目安時間:約 3分

先ほど、コピペ記事の納品が発生しました。

記事ごと完全コピーというわけではないのですが、一文、二文まるまるコピーなどがある事態に。

 

サンプル確認は妥協せず!

その方が提出したサンプルは、「カラオケのランキング」についての記事だったんです。

その時点で、

 

  • 文章はオリジナルの表現をしている
  • ランキングはとあるサイトからコピペしている

 

ことが判明していました。

にもかかわらず、そのときは記事数欲しさに、
「まぁランキングだし仕方ないか…」妥協して採用していたんです。

ここで妥協せず、不採用とするべきでした。

サンプルでふるいにかけることの重要性が、あらためて身に沁みました。

 

幸い、訂正してもらえる流れになったのですが、これでゴネられていたらと考えると…。

面倒くさいことになっていたと思います。

ただでさえサンプルや納品物の確認、メールのやりとりだけで結構時間がとられますので。

コピペチェックには「コピペリン」がおすすめ!

ちなみにコピペチェックツールは、「コピペリン」を使っています。
今試してみたところ、クラウドワークスのコピペチェックだとそこまで高い数値が出ませんでした(;'∀')

 

コピペリンだと、文単位のコピペもバッチリ判定してくれます!
コピペリンが無かったら今回のコピペも見落としていたところでした。

 

あぶないあぶない…。

費用は年間6000円。

1か月分だと500円。

 

1か月500円でコピペが防げるなら安いもんかな…と思って購入したのですが、さっそく助けられました。

コピペチェックは妥協せず!

のちのち痛い目を見てしまいます。

はぁ、ドキドキした…そして疲れた( ;∀;)

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

31歳、頭皮カッパ男子のバチと申します。

アドセンス外注化を2018年4月から実践中。

アドセンス実践しつつ、2018年7月からメルマガ塾に参加予定!

マイブームはすみっこぐらし。

 

イノシシのようにがんばります!

自己紹介はこちら

 

 

カテゴリー